彼とのエッチで夜のお店のテクニックが出てしまったときの話

この記事は約3分で読めます

パートナーには秘密で、風俗で働く人って意外と多いよね!
ラボ子

コニバ
たしかに結構いるね!

でもエッチな雰囲気になったとき、思わずお店のテクニックが出ちゃって…なんて事ないのかな?
ラボ子

お仕事での性的なサービスと、大好きな人とする愛情たっぷりなひと時……。することは似ていても、その中身はまったくの別物!

そのため、恋人とのエッチで“プロならではのテクニック”が出てしまう確率は、かなり低いと言えるでしょう。

 

しかし、中には「無意識のうちにテクを披露しちゃった……」というお話も!!そこで今回は、そんな女の子たちのうっかりエピソードをご紹介!

一般人のセックス、どこまでするのが正解?

うっかりアソコまで舐めちゃった…

まずは、とあるお店で働くAさんのお話から。


ある日のこと。

「なんかシたくなってきた。舐めてほしい!」とおねだりしてきたカレ。もともとフェラは好きじゃないので、いつもは理由をつけて断っていたんですが、この日はカレも一歩も引かず。

仕方ないので、サクッと舐めてあげることにしたんです。

 

でも、私のやる気はゼロ。無意識に仕事モードに切り替わったんでしょうね……。

サオを舐めた流れで、ものすごく自然に舐めちゃったんです。

 

う、タマも…。

 

これまで一度もしたことがなかったとはいえ、「えっ!?」と激しく驚くカレ。

その反応に私もビックリですよ。「えっ!? タマ舐めくらいで!?」って(笑)

 

エッチのあと、いまだ驚くカレに「AVを観て勉強したの。アナタに気持ちよくなってほしくて」と嘘をついたら「こんなマニアックなコトまで! ありがとう!」と感激していましたが……

ごめんなさい! 業界での玉舐めは一般的です!(笑)

アナル・アナラー・アナリスト!

続いては、Bさんのエピソードをご紹介。


一時期、やたらとアナル舐めを求めてくるお客さんがいたんです。

おかげで「隙あらばアナル!」ってくらい、舐めることがクセづいちゃって。

 

そんな調子だから、彼氏とのプレイ中にもそれが出ちゃうんですよ。最初は「お尻は汚いから! やめて!」って、めっちゃドン引きされましたね。

「あなたのことが好きだから、全部舐めたくなっちゃって♡」なんて、かわいく言い訳しても全然ダメでした(笑)

 

ただ段々そのやり取りを繰り返すうちに、彼氏も「そんなに舐めたいの…?」って(笑)

いや別にアナル舐めは好きじゃないけど……。でもこうなったらもう「舐めたい!」以外の返答ってないじゃないですか。

というわけで、それからはめっちゃ舐めさせてくれるようになりました。ありがた迷惑ですけどね……(笑)

 

ちなみに今では「もっと舐めて!」と、自らおねだりしてくるまでに急成長。アナルの気持ちよさに目覚めたらしいです(笑)

生粋のアナリスト、ここに爆誕!


コニバ
お店のテクニックがうっかり出ちゃうことって、意外とあるんだね(笑)

ねー! でもみんな、上手に切り抜けてスゴイ!
ラボ子

コニバ
もし今後、思わずテクが出ちゃった人はぜひ参考にしてみてね!

出ないことを祈るばかりです…(笑)
ラボ子

  • この記事を書いた人
Avatar

バニラボ編集部

もっと稼ぎたい女の子のために、日々トレンド・お役立ち情報をリサーチ♪公式Twitterではプレゼント企画も定期開催!ぜひフォロワーしてくださいね♡